アメリカ留学の情報

セブに留学すると多くのマンツーマンで英語が学べます

留学といえば欧米に行くのが主流でしたが、最近はフィリピンのセブで英語留学する人が増えています。

なぜ人気があるのかと言うと、マンツーマンの量が多いからです。1日6時間以上のマンツーマンが普通なので、欧米では実現できない魅力があります。英会話力を鍛えるにはとにかく英語を話す量が大切ですが、日本人はインプットをする機会はあってもアウトプットする機会には恵まれていません。このぐらい英会話が話せたらいいのにというレベルに達したいなら、セブに留学して英会話力を身につけるのが一番です。

英会話が話せるようになるために単身で欧米に飛び込むにはかなりの費用が必要で、高学歴のエリートや長期休暇が取れる人に限定されます。その点セブなら留学費が安く、宿泊費や食費、チケット代などトータルで見ると欧米の2分の1から3分の1程度で滞在することが可能です。発展途上国なので生活費と交通費の開きは先進国と比べて非常に大きく、お金を節約しながら英語を学ぶことができます。学校によっては3食出してくれる所もあるので、かなり良い条件で暮らすことができるでしょう。日本からセブへの留学は近くて時差が少ないのも魅力で、4時間半で到着します。

時差も1時間程度で現地に着いてから時差ボケに苦しむことがないので、気軽に1週間だけの短期滞在も可能です。何より英語が苦手な人でも英会話での交流が楽しめるのがセブの最大の強みで、外国人と楽しく交流できる体験ができます。英語が苦手でもマンツーマンを沢山受けていると、自然と英語で表現できる自信が持てるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *