アメリカ留学の情報

使える英語をマスターするにはセブ島留学がおすすめ

英語というものはかなり昔から必要な語学だからマスターしなければならないと言われてきました。

確かに今の社会を見ますと、多くの企業は海外進出をしたり、海外の企業と何らかのつながりを持ったりしていますから、そこで仕事をするためには英語が必須の条件になるわけです。しかし、ここで必要になるのは使える活きた英語という意味になります。古くから日本の英語教育というものは、読み書き中心のいわゆる受験英語と言われるものでした。これではいくら勉強しても使える英語は身に付きません。

日本の学生は中学、高校、そして大学と実に10年も英語を学んできたわけですが、欧米人と対等にコミュニケーションをとれる人は本当に少ないのが現状です。これではビジネスの中では通用しません。使える英語をマスターするには留学が一番です。実際に現地の方と生活し、コミュニケーションをとることが必要になります。しかし、留学先として人気のアメリカやオーストラリア、カナダなどは費用がとても高く、なかなか行くことができないのも事実。

そこで注目されているのがフィリピンのセブ島留学です。セブ島ならば日本から近く、またここで使われている英語もかなりハイレベルですから、活きた英語をマスターするための留学先には最適と言えます。フィリピンは世界的にも認められた英語圏です。その中でもセブ島はかなりの人気を誇っています。人件費も安く、たとえば1対1の個人授業も低いコストで実現できるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *