アメリカ留学の情報

海外インターンと比較した際の留学のデメリット

大学生の中には、貴重な学生でいられる期間を最大限利用して、海外経験を積みたい、と考える方も多いかもしれません。

そう考える際に、以前は留学が考えられる手段でしたが、現在では海外インターンもその手段として検討される時代になっています。そこで今回は、海外インターンと比較した際の、留学という手段のデメリットについてお伝えします。まず、働く前にビジネス経験を積むことが難しい、ということが挙げられます。

留学の場合、何かしらの教育機関において、語学や専門科目を学ぶといった形がとられると想定されます。将来的に何かしらの職に就く必要があるので、海外インターンで得ることのできるビジネス経験を放棄してしまうことになるのは、大きなデメリットであると言えます。また、現地の生活事情を正確に知ることが難しいということもデメリットの1つです。海外インターンの場合、現地の労働者と共に仕事をこなし、コミュニケーションをとる必要があるため、現地の生活事情を知る機会に恵まれています。

しかし、留学の場合、必然的にコミュニティーが一緒に学ぶ学生中心になってしまうために、せっかく海外に出ているにも関わらず、本当に現地の事情を知る事が難しいと考えられます。さらに、海外インターンの場合、積極的に自らが動いて仕事をこなさなければならない環境である一方、留学の場合、教育を受けるという受動的な活動になってしまう場合が考えられ、環境に慣れ、自ら能動的に動かなければ、効果が薄れてしまうデメリットも考えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *