アメリカ留学の情報

短期留学を成功させるためには

「短期留学って意味あるの」、「短期で得られるものってなに」などといった声をよく聞きます。

私自身は帰国子女で短期留学を経験したことがある訳ではないのですが、確実に意味はあると断言します。さて、意味があるあるもにするためには何をすればいいのか。最低限の英語力を身につける、目的を明確にする、文化やマナーについて調べておく等、考えられることは沢山ありますが、どれも必要ありません。留学の最大の効果はそこでしか得られない経験を身を以て感じることができるということです。

多くの研究論文にも短期留学の効果について書かれていますが、そこで書かれている被験者の体験コメントとして、「英語を使った仕事がしたくなった」、「日本の文化を海外に伝えたい」などのコメントが多いです。それは、言いたいことが伝えられない、言っていることが理解できない苦しみなどの現地で体験した気持ちの反動であり、努力や積極的な行動を起こした先に見つけた目的であると思います。

筆者もアメリカで住んでいた時、全く英語が話せない状態で現地校へ入学したことがあります。周りの生徒が何を言っているのかわからない、なんで笑っているのかわからない、何もわからなくて正直恐怖でしかありませんでした。しかしある日、昼休みの時間に皆で一緒にサッカーをしていたら、パスを求めている言葉、ゴールを決めた時、決められた時に言う言葉など、直接理解できなくても感覚的に理解できることがあり、その言葉を真似て使った際に相手に伝わった喜びは今でも忘れません。

短期留学に対して疑問を持つ人に伝えたいです。行きたいと思うのであれば、行ってください。そこには確実にオンリーワンの意味があり、それを得ることができます。何も準備する必要はありません。行きたいという姿勢こそが成功させるための秘訣だからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *