Skip to content

風呂のリフォームをする

風呂は湿気がこもりやすく、毎日複数が利用するため老朽が進みやすいエリアです。築二十年以上経過している物件の場合、風呂回りに木材が使用されています。木材はカビが発生しやすいため、掃除も大変です。リフォームにする場合、ユニットバスにするか在来浴室にするかを選択します。

ユニットバスは床や壁が全て一体となっているものを、現場で組み立ててはめ込みます。気密性が高いことや、工期が短いことが特徴です。キャンペーンなどの時期にはかなりお得にリフォームできます。一方在来浴室のリフォームは、元の風呂の形はそのままでタイルやシャワー部分などを取り換えます。

使い慣れた風呂場を残すことができ、デザイン性の高い場合にも対応することができます。風呂のリフォームの場合大抵、脱衣所も一緒に行います。脱衣所は着替えるだけではなく、洗濯機を置いたりストック品を置いたりします。十分なスペースが確保できるデザインにする必要があります。

どのようなリフォームを行うにせよ、信頼できる専門業者に依頼することが大切です。全てを業者任せにするのではなく、正確な情報を十分集めるようにしましょう。実際の施工例を見ることも参考になります。写真を見ただけではわかりにくいことがあります。

浴室がきれいで広々としていると気持ちが良いものです。家で温泉気分を味わうことさえ可能です。納得のいく仕上がりになるように、慎重に考えて決定することが成功させる秘訣です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *