Skip to content

浴室のリフォームにはユニットバスがおすすめです

ユニットバスというとビジネスホテルにあるような浴槽とトイレが一体になった空間をイメージされることが多いですが、本来ユニットが指すものは浴室の壁、床、天井が一体になっていることです。浴室とトイレが一体になっていることを指しているのではなく、壁、床、天井がセットになっていて、工場でつくられたそれぞれの部材を施工現場で組みたててるという工法からそのように呼ばれます。またシステムバスとも呼ばれ、両者は同じものをさします。システムキッチンの浴室版と考えると、ユニットバスを理解しやすいでしょう。

ユニットバスはその工法により、従来の浴室よりも施工が簡単であるため、リフォームにかかる日数が少なくて済むというメリットがあります。また費用面においても従来の浴室よりも安価で済みます。従来のオーダーメードの浴室では、浴槽、壁のタイルなど、ひとつひとつにオーダー主の趣向を反映させることができるという点で自由度は高いと言えますが、ユニットバスにおいてもファミリー層に合わせてさまざまなデザインのラインナップがありますので、そこまでこだわらないという場合においては費用面、手軽さの面からも、リフォームする際の有力な選択肢のひとつと言えます。ユニットバスはその工法の特徴から、気密性、防水性に優れているため、従来のタイル張りなどの浴室と比較した場合、暖かいという特長があります。

ヒートショックが心配な冬場でも浴室全体が暖かくなるため、高齢者のいる家族などのリフォームでは特におすすめです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *